風邪を速攻で治す4つの方法

こんばんは。
年始早々、バタバタしてブログの更新ができませんでした。
今日は風邪の治し方を紹介したいと思います^^
私、自慢じゃないですが、めっちゃ風邪ひきます。特に、子どもができてからは子どもから移されることが多く、その度にこの記事で紹介する方法で速攻対処しております。
参考にしてくださいね。

お風呂という名の集中治療室へ

我が家では、風邪を引きかけた人間はお風呂という名の集中治療室へ送られます。
この治療、喉の不調に最も効果があります。

まず、お風呂の中全体を高温多湿状態にします。
我が家では、高温のシャワーを全開で湯舟へ流し込みます。
高温多湿な状態が出来上がれば、その状態を維持しながら汗だくになるまで湯舟につかります。
そうすると、あら不思議・・・喉の不快感が和らいでる^^

ただ、あくまで風邪の引きはじめにはいいですが、高熱が出てるときはおすすめしません。
ご自身の体調と相談しながら実行してくださいね。

ちなみに、湿気により喉が潤うだけでなく、体温上昇により、免疫力が上がり、早く風邪が治るとも言われています。

ビタミンCをしっかり摂る

こちらも言わずと知れた栄養素「ビタミンC」です。
風邪にビタミンCが効くことは常識になっているかと思いますが、皆さんちゃんと摂ってますか?

正直私は風邪の時にビタミンCを意識して摂るなんてことしてませんでした。
でも子どもが風邪を引いたときに、うちの奥さんがよく子供たちにビタミンCを摂らせていたので、真似をしてみたところ、治りが早いような気がするんですw
よくよく調べてみると、ビタミンCってそれ自体がウィルスと闘ってくれるみたいなんです。
そりゃ、効果ありますよねえ。
ビタミンCのドリンクや錠剤、野菜ジュースにみかんなど、色々と摂取する方法があるので、試してみてくださいね。

カリンのはちみつ漬けジュースを飲む

こちら、私が子供の時から風邪を引いたときに母親が作ってくれていました。
喉が痛いときに、カリンのはちみつ漬けをお湯で割って飲むんですが、劇的な効果があります。軽い喉のイガイガくらいなら速攻で治ります。
カリンとはちみつ、どっちも喉にいいですよね。特にカリン。殺菌作用もありますし、前述のビタミンCが多く含まれております。

喉に染み渡る感覚がなんとも心地よいです。

なお、カリンのはちみつ漬けの作り方は、ネット検索すればたくさん出てきます^^
ちなみに我が家のカリンのはちみつ漬けはこちら。

どうですか?すごい量のカリンでしょ^^
上の方にあるのが、カリンの種になります。ネットにたくさんレシピが出てますので是非作ってみてくださいね。

睡眠時はとにかく喉を加湿する

睡眠時には、部屋に加湿器をかけるなどして乾燥を防いでください。
ちなみに私は加湿器だけでなく、マスクをして寝ます。
喉の調子が悪いときは、加湿してくれる専用のマスクを装着してます。
繰り返しになりますが、とにかく加湿が大切です。
マスクだけでなく、こまめに水分を摂って喉を潤すようにしてください。
乾燥は絶対よくありません!!

終わりに

なぜ風邪は冬に大流行するのか。それは「空気の乾燥」と「(体温低下による)免疫力の低下」です。この2つに対処するのが、今回お伝えした方策になります。
とにかく「加湿」と「免疫力アップ」この2つにつながることを実践することが大切です。

早めに病院へかかって薬を飲むのも良いですが、できるだけ薬に頼らずに治すことも大切ですよね。

私は風邪の引きはじめは、本日ご紹介した方法を試し、それでも悪化した場合に病院へ行ってます。早期に対処すれば病院へ行かなくても早く治ることが多いです^^

そうそう、あとは休息が大切です。布団で温まってぐっすり眠ることも大切ですので。

皆さまの風邪が1日も早く治りますように。。。

 

 

コメント